(写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)
(写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)
Support

純米吟醸「天翔る」がつなぐ、若者支援の輪

2018.12.17
SHARE
酒造メーカーの南部美人から発売されている純米吟醸「天翔る(あまかける)」の売り上げは、支援を必要とする若者のために寄付されます。この商品が生まれた背景には、東日本大震災発生から、多くの支援を受けて生き延びた南部美人の熱い想いが込められていました。出会いと支援の輪が広がる一例についてご紹介します。

南部美人と東日本大震災、そして柴基金

岩手県二戸市にある南部美人は、1902年創業の歴史ある日本酒の蔵元です。「品質一筋」を理念に掲げた丁寧な酒作りは、「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)」や「SAKE COMPETITION」など数多くの大会での受賞につながる味を生み出しています。

南部美人は2011年3月11日、東日本大震災により被災しました。当時、南部美人の久慈浩介専務取締役(現社長)は数多くのメディアに対して「こんな時だからこそ消費という形で支援を」と呼びかけました。東北の食文化を取り入れることが支援につながると全国にメッセージを発信し、震災後の経済を停滞させないよう努めたのです。

そして、全国からの支援を受けて復興への道を歩み続けている岩手で、南部美人は現在も酒作りの文化を守り抜いています。今日まで酒作りを続けられたことに対して感謝したいと、久慈氏は社会貢献に資する取り組みを始めます。

社会貢献のために、南部美人は、一般社団法人「こどものための柴基金」と協働することを決めました。柴基金とは、俳優である柴俊夫氏が、何らかの事情により困窮な生活を余儀なくされている子どもたちを支援する目的で設立した社団法人で、自社ブランドによるドネーションモデル(寄付制)の展開や、募金活動を行っています。

親の助けを受けられない若者を支援したい

柴基金の支援対象は、国内外問わず家族の支援を受けることができない境遇を持つ子どもたちです。親元ではなく福祉施設で育った子どもたちは、卒業する年齢になると社会に出る必要があるだけでなく、ときには家族の協力を受けられない苦しい生活を余儀なくされる子どももいます。

こうした子どもたちへの支援を続ける根幹には、子どもは平等であるべき、という柴基金の理念があります。どんな境遇に生まれたとしても、その子どもをサポートすることで平等に幸せを享受することへ近づけられるのではないかという考えのもと、さまざまな事業を通じて生み出した収益を子どもたちに向けた活動に還元しているのです。

具体例として、柴俊夫プロデュースのメンズジュエリーブランドから発生した売り上げの一部を、HIV母子感染児童保護施設に寄付しているケースが挙げられます。生まれながらにしてHIVウイルスに感染している子どもたちへ薬を届け、命をつなぐことに貢献しています。

商品発売による寄付モデルは、子どもたちを救うための資金調達の主軸となるもので、資金源を広げるために他社との協同は大きな力になるといえるでしょう。そのニーズを満たす形で誕生したのが、南部美人が寄付を前提として販売した純米吟醸「天翔る」です。

純米吟醸「天翔る」の売り上げを20年間寄付

純米吟醸「天翔る」は、岩手の純米酒・本醸造専用米「ぎんおとめ」を使用して作られた酒です。果実味のある温かい味わいが特徴で、名前は「子どもたちが自由に羽ばたけること」を願ってつけられました。

天翔るの売り上げは、2018年から20年間、柴基金に寄付されることがすでに決まっています。寄付金は、柴基金を通じて身寄りのない子どもたちの居場所をつくるシェアハウス「ポウロニアン・ハウス」の運営に充てられます。

「ポウロニアン・ハウス」は盛岡市内に2017年よりオープンしたシェアハウスで、児童養護施設卒業後に就職先が決まらず、孤立して経済的に困窮する若者が居住の対象です。20年間の運営を支える天翔るの売り上げは、これから社会に根付いていくためのステップを必要とする若者たちにとって命をつなげる支えとなるでしょう。

未来を担っていく子どもたちの支援を行うことが、東日本大震災で多くのサポートを受けたことへの恩返しである、と南部美人の久慈社長は考えています。また、天翔るを買うという行為によって、多くの人々が支援を必要とする子どもたちの存在に気づき、賛同の意を示すと共に、支援に参加することのできる仕組みづくりも担っているのです。

生活に困窮する若者を商品購入で支援

若者を支援する形はさまざまなものがあるでしょう。一方で、直接子どもたちや若者と接する形の支援にハードルの高さを感じる人も、多いのではないでしょうか。支援や協力の心がつながって生まれた天翔るは、そうした支援の心を形にするきっかけづくりにぴったりの商品かもしれません。確かな品質を持つ味わいを楽しみながら、これからの社会を生きる子どもたちに想いをはせてみましょう。

(純米吟醸「天翔る」公式サイト:https://www.nanbubijin.jp/shopdetail/000000000100)

 
SHARE