(写真=N K_Shutterstock.com)
(写真=N K_Shutterstock.com)
Support

海外の被災物件に「宿泊」することで寄付するARRIBA MEXICO

2019.3.4
SHARE
メキシコ中部地震への支援を目的とした「ARRIBA MEXICO」の取り組みと、その背景にある意図やメキシコの被災の現状についてご紹介します。家屋の貸借プラットフォームであるAirbnb(エアービーアンドビー)を意識したサイトデザインと、メキシコに宿泊することを想像しながら寄付できる仕組みの掛け合わせは、被災地支援をより身近に感じる契機となるはずです。

大地震から復興を目指すメキシコ

2017年9月19日、メキシコ中部を震源地としたマグニチュード7.1を観測する大地震が発生しました。「メキシコ中部地震」と名付けられたこの地震によって多くの建物が倒壊し、住環境やライフラインが途絶えたエリアは広範に渡ります。

メキシコを地震が襲うのは、これが初めてではありません。同年の9月7日にも「チアパス地震」があり、悲劇は1ヵ月に2度訪れたことになります。さかのぼって1985年の「メキシコ大地震」では、マグニチュード8.1の巨大地震がメキシコの太平洋側のミチョアカン州で観測され、長周期地震動による被害は首都メキシコシティにも及びました。この際にもメキシコシティで全壊または取り壊しが決まった建物は多く、首都には甚大な被害が出ました。

メキシコ中部地震の起こった日は、奇しくもメキシコ大地震と同月同日でした。メキシコ中部地震が起こる直前、過去の悲劇を繰り返さないよう、メキシコシティでは避難訓練が行われていたそうです。それでも被害は免れず、倒壊した建物に閉じ込められてしまった人は少なくありません。

メキシコはこうした度重なる地震による被害の中で、復興に向けて懸命に取り組んでいます。瓦礫の撤去やライフラインの復旧を、支援団体などの協力を受けながら進めるものの、復旧や生活再建の道は険しいことは言うまでもありません。

大地震によって影響を受けたのは被災地だけではありません。以前と変わらない風景や生活が続いている観光地まで、ツアーやホテル宿泊のキャンセルが相次ぎ、メキシコの観光業への経済的打撃が波紋を広げているのです。

こういった現状を打開する一つの試みとして注目されているのが、ARRIBA MEXICOです。

ARRIBA MEXICOが見せる被災地の現状

ARRIBA MEXICOは、メキシコの広告代理店が運営する支援を目的としたウェブサイトです。宿泊施設を予約する方法と同じ操作をすることで、宿泊費と同額の寄付ができます。ただし、サイトの一覧に並ぶ写真は美しく快適そうなホテルのものではなく、地震によって倒壊したメキシコシティの建物や家屋などです。

ARRIBA MEXICOのデザインは、世界各国で利用され国際的に認知されている大手民泊プラットフォームAirbnbと似せて作られています。多くの人が利用するウェブサイトの外見に似せることで、一見して宿泊を連想させる意図があります。

Airbnbは「オープンホーム」という支援サービスを提供しています。オープンホームは、災害や紛争によって家を失った人々の多い地域の近隣のホストを募り、避難先を必要とする人へ一時的な住まいを提供するものです。オープンホームにはメキシコ中部地震に対する家屋提供の事例もあり、数多くの建物が倒壊したこの地震に対する効果的な支援方法であることが分かります。

こうした支援がある中で、意識の高いユーザーの集まるAirbnbを模して作られたARRIBA MEXICOは、より多くの人々へ支援を呼びかけるアプローチをとっています。

ARRIBA MEXICOでは、まるでAirbnbで宿泊施設を予約するかのような体験をするとともに、メキシコの倒壊した家屋の写真が見られます。それらの家屋への宿泊予約をすると、その宿泊費は災害救援慈善団体に全額寄付されるのです。ARRIBA MEXICOの公式サイトには、寄付金の運用や復興に向けた手順の方向性はある程度示されるべきである、という考えが紹介されており、重要なポイントとして住まいの再建を掲げています。

集められた寄付金は、サイトに掲載されている建物の再建や、仮設シェルター建設などの費用として生かされます。

ARRIBA MEXICOで寄付をするために、何らかのアカウントを登録する必要はありません。それぞれの物件を閲覧した上で、その家屋に宿泊する日数を変更すると、それに応じた寄付金を送信することができます。期間は限定されておらず、何回でもユーザーは利用可能です。

寄付する対象を想う仕組みが話題に

ARRIBA MEXICOには被災直後から多くの寄付が寄せられ、各国から支援の意志が届けられました。寄付金の用途が明確である点と、被災の状況をできるだけ実感するための工夫として宿泊施設検索のシステムを利用している点が評価されています。

いつか美しい町並みを取り戻したメキシコを旅する日を思いながらARRIBA MEXICOを通じて宿泊予約(寄付)をすることが、メキシコの人々が日常を取り戻すための一歩になるでしょう。

 
SHARE